旅育・福岡編②|パワースポット宮地嶽神社で嵐CM「光の道」「大しめ縄」を見てきた

スポンサーリンク
旅育の記録

今回お届けするのは、

【旅育の記録】福岡編②・宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

ということで、
パワースポットとしても有名な宮地嶽神社に
親子で出かけた記録です。

旅育の記録と書きましたが、

さて、「旅育」とは何か?

…読んで字のごとく、

ねっ子
ねっ子

旅を通じて子供に色々な体験をさせて育てること!

になります。

机の上の勉強だけでは学べないことが人生にはたくさんありますね。学校でも社会科見学や修学旅行など、実際に現地に行ってしか学べない事を学ぶ機会があると思いますが、それを家族単位で行うのが『旅育』になります。ただ楽しむ、リラックスだけの旅行ではなく、「学ぶ・発見する・体験する」といったテーマをもって旅に臨むのが、旅育の基本です。

ということで!今回訪れたのは

福岡県福津市にある

宮地嶽神社

九州を代表する神社であり、
嵐のCMで全国的に一躍有名になった

あの「光の道」

が見られる話題のパワースポット。

また、立派な「大しめ縄」も有名です。

したがって、

ねっ子
ねっ子

【今回の旅育テーマ】
・パワースポット宮地嶽神社に行ってみよう!
・嵐CMで有名な光の道を見に行こう!
・大しめ縄の大きさを体感してこよう!

になります。

親子で満喫できる宮地嶽神社です。
ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

宮地嶽神社はどこにある?アクセスと駐車場は?

住所:福岡県福岡市宮司元町7-1

アクセス

【車なら】
福岡方面からは九州自動車道古賀IC降りて約20分、北九州方面からは九州自動車道若宮IC降り約25分
【バスなら】
JR福間駅から西鉄バスに乗車、宮地嶽神社前バス停で降りて約6分
【電車なら】
JR福間駅で降りて徒歩約2km

駐車場:第1・2駐車場に無料で900台

宮地嶽神社の第一駐車場、第二駐車場に
無料で合計900台ほど駐車でます。

【第1駐車場】
・駐車台数600台ほど
・宮地嶽神社まで徒歩5分程度

「宮地嶽神社 第一駐車場入り口」と書かれた大きな看板が目印です。

【第2駐車場】
・第1駐車場のすぐ南にある
・駐車台数300台ほど
・宮地嶽神社まで徒歩10分程度

「道辻参道口交差点」の所になります。

↓↓こちらは宮地嶽神社入口まで行く途中に見つけた、風格のある立派な建物。

娘

この歴史が古そうな建物は何?

ということで調べてみたら、
大阪屋(旅館)
手焼きの松ヶ枝餅が有名なお店だそうです。
(松ヶ枝餅とは太宰府天満宮でいうところの梅が枝餅みたいなものです)。

創業130年を誇る老舗で、
木造三階建ての建物
一見の価値ありの立派なたたずまいです。

なんと今もなお旅館として営業されているんですって。

ねっ子
ねっ子

すごっ!

スポンサーリンク

いざ!あのCMの場所へ。

第一駐車場から5分ほど歩くと、
宮地嶽神社入口の鳥居が見えてきました!

↑↑訪れたのはちょうどお正月前の12月29日ということで、初詣に店を出す的屋があちこちで見られます。

↑↑間近で下から見上げた鳥居。歴史を感じる石の鳥居です。

↑↑階段手前には有名な松ヶ枝餅のお店をはじめ、いろいろなお店が並んでいます。

↑↑階段入口に到着。階段はけっこう段数がありますが、そんなにきつくないです。

↑↑少し登っただけなのに、我慢できず時々後ろを振り返ります。

↑↑海岸まで続く、まっすぐの道が少しずつ見えてきました。

↑↑3分の2ぐらいまで登りました。てっぺんまでもう少しです。

↑↑振り返ると、すでに素晴らしい眺めです。

そして…

 

 

ねっ子
ねっ子

最後の階段を登り切った先の景色がこちらになります!

じゃん!

いかがですか??

(写真では上手く伝わらないかもですが)
実際その場に立ってみると、とても感動しましたよ。

びっくりするほどまっすぐで圧巻の眺めです。

子供たちの感想はこちら↓↓

娘

こんなにまっすぐの道を見るのはじめて。

息子
息子

ずっと向こうまで続いていてすごい。ていうか、…だれが作ったの?

たしかに…
山から海までこんなにまっすぐの道を
誰が何の目的で作ったのか気になりますね。

※宮地嶽神社、そして裏にある宮地山は、
「九州北部王朝の聖域であった」
と伝承されていますが、
このあたりは別記事にてまとめます。

ちなみに、道の先端は宮地浜海岸につながり、
そこにも石の鳥居が立っているそうです↓↓
(すてきなインスタ画像をお借りしました)

 

この投稿をInstagramで見る

 

よんよんまぐなむ – ちこう(@44mag76)がシェアした投稿

 

さて!肝心の「光の道」がいつ見られるかですが、

1年のうちの
・2月
・10月

だけです。

とくに2月の「夕陽の祭り」が有名で、
15時から参道の階段は封鎖され観覧席になります。
期間中はとても混雑するそうですが、
14時から整理券も配られるということです。

「光の道」を拝みたい人はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

詳細は、宮地嶽神社公式HPにてご確認ください。

嵐のCMはこちら↓↓

 

 

スポンサーリンク

宮地嶽神社は、他にも見どころ満載です。

無事「光の道」を確認できたあとは、そのまま本殿へと向かいます~。

本殿に行く途中で見つけました↓↓

「嵐」光の道、撮影記念植樹です。
ファンにはたまらないインスタスポットですね!

↓↓立派な本殿入口に到着しました。
すでに本命「巨大しめ縄」がちら見しています。

門をくぐると…

どーん。


巨大しめ縄の登場です。
息子も吸い寄せられるように近づいていきます。


立派です。
ものすごいサイズ感、そして重そうです。

間近で見上げるとさらに迫力がすごい。

宮地嶽神社公式HPによると、

直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トン日本一の大注連縄は当社のシンボルでもあります。 この注連縄は、毎年掛け替えられ約2反の御神田に、昔ながらの稲を生育させ、丹精込めたワラにてなわれます。稲の発芽から注連縄の掛け替えまで、全て当社に縁の深い方々による奉納で、掛け替えまでには、延べ1,500人もの方々による奉仕を頂きます。

引用:宮地嶽神社公式HP|ご由緒(宮地嶽について)

と書かれていますが、

・日本一のしめ縄
・毎年作って掛け替えられている

んですね。びっくりです。
作製・取り換えは、
毎年の一大イベントでしょうね。

宮地嶽神社の公式HPには実際の様子が
記事でアップされていますので、
ぜひ見てみてくださいね↓↓

大しめ縄の奉製
大しめ祭『注連縄曳き神事』
大しめ祭

その他「宮地嶽神社」は、
・5月末~6月初めにきれいな菖蒲が見られる
・しめ縄のほかに「大太鼓」「大鈴」も日本一
・本殿前で由緒正しい「筑紫舞」による奉納行事が行われる

など、まだまだ魅力がたくさんです。
また改めて訪れようと思います。

 

まとめ

以上、本記事では、福岡県福津市にある

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

に親子で訪れた旅の感想を書きましたが、
いかがだったでしょうか。

光の道、大しめ縄、歴史と伝統を感じる参道や境内

などなど、
子ども達にとって大変印象的な場所だったようです。

そして、
さすがパワースポットと言われるだけありますね!

壮大で厳かな雰囲気に
ピリッと気持ちが引き締まりました。

ぜひ皆さんも機会があったら行かれてみてはいかがでしょうか?

次回は、宮地嶽神社の奥の方で見つけた
面白いエリア⁉
についてご紹介いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました